「産み分けゼリー」の効果とは?

「産み分けゼリー」という商品を聞いたことがありますか?赤ちゃんは天からの授かり物であるというのは重々承知ではありますが、欲を言えば「次は男の子がほしい」「女の子がいい」などの「希望」を持っている人も多いのではないでしょうか。

 

産み分けゼリーとは、女性の膣内の環境を人為的にコントロールし、男女ほしいほうの赤ちゃんを「授かりやすくする」ためのサポートグッズです。以前は、産み分けというと不妊治療で行われる体外受精しか方法はありませんでした。産み分けゼリーの登場は、「産み分けはしたいけど体外受精までは…」という人に広く支持されているのです。

 

一般的に、男の子がほしい場合は膣内をアルカリ性に、>女の子がほしい場合は膣内を酸性にする必要があります。

 

これは性染色体の特性を利用したもので、産み分けゼリーを使うことで膣内をアルカリ性または酸性に傾けることができる、というわけです。

 

産み分けゼリーは薬局では売られていません。

 

産み分けの指導を行っている産婦人科で処方してもらうか、インターネット通販で購入する以外に手にいれる方法はありません。

 

手軽さから、インターネットで買う人が多いということは言うまでもありません。

 

実は日本で扱っている産み分けゼリーはあまり多くなく、中国産の「グリーンゼリー(男の子)」「ピンクゼリー(女の子)」と、日本産の「ハローベビーボーイ」「ハローベビーガール」のみです。

 

どちらも産み分けゼリーとしての「膣内の環境をコントロールする」という効果は同じです。膣内をアルカリ性または酸性にコントロールし、
ほしい性別の赤ちゃんを授かりやすくする、これが「産み分けゼリーの効果」です。必ず産み分けが成功するわけではありませんのでご注意ください。

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?