産み分けゼリーの成功率について

1人目は男の子だったから次は女の子がほしい、経済的に子どもは1人しか作れないから男の子がいいな、など「子どもの性別」はどちらでも良いと思いつつも、心のどこかで「男の子(女の子)だったらいいのに」と思ってしまうことはありませんか?

 

もちろん「産み分け」については賛否両論があるのは事実です。産み分けをして、もしも希望の性別ではなかった場合その子をきちんと愛せるのか、など色々な意見があるのは承知です。

 

「産み分けゼリー」を使用することで簡単に産み分けができるようになったとはいえ、その成功率は100%ではありません。

 

では、「産み分けゼリー」の成功率はどのくらいなのでしょうか。

 

産み分けゼリーだけを使用した場合、その成功率は60〜70%ほどだと言われています。何もしなければ希望の性別であることは50%ですから、産み分けゼリーを使うだけでも確率は高くなります。

 

そして、更に産み分けの確率を上げるために大切なことは「排卵日を明確に把握する」ということです。女の子がほしいときは排卵日の2日前に、男の子の場合は排卵日当日にそれぞれ産み分けゼリーを使用した上でセックスをすることで、その成功率はグッと高くなるのです。

 

どのくらい高くなるかというと、女の子の成功率80%、男の子の成功率84%です。これはなかなか高い数字ですよね。

 

産み分けをするためには排卵日の把握が必要と言っても、なかなか自分の排卵日を正確に知っているという人は少ないと思います。まずは基礎体温をつけることから始めましょう。基礎体温をつけることで、自分のリズムが掴めるようになります。

 

その上で産み分けゼリーを使用すれば、かなりの確率で産み分けができることでしょう。

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?