産み分けゼリーの値段について

現代は晩婚化が進み、それに伴い「初めて子どもを持つ年齢」も上がってきています。35歳以上の出産を高齢出産と呼んでいますが、最近ではあまり珍しくはありません。近年「ひとりっ子」が増えているのは、もちろん経済的な理由もあるとは思いますが、このような年齢の問題もあることは否定できません。

 

そうなってくると、「わたしは男の子がほしい」「女の子がいい!」などと希望が出てきますよね。

 

どちらでも授かれば嬉しいけど、できれば…と思うことは誰にでもあることだと思います。最近ではインターネット通販でも「産み分けゼリー」という産み分けサポートグッズが販売されています。産み分けゼリーの値段は、いくらくらいするのでしょうか。

 

まず、産み分けゼリーを購入するには「産み分け指導を行っている産婦人科で処方してもらう」方法と、「インターネットで購入する」方法の2つがあります。

 

産婦人科で処方してもらう場合も保険は利きませんので高額負担になることは覚えておいてください。

 

昔からある「ピンクゼリー」「グリーンゼリー」は約4回分で2万円ほどでしょうか。一方最近人気の「ハローベビーゼリー」は1箱7本入りで1万円となっています。

 

値段が安い=質が悪いということではありません。むしろハローベビーゼリーは高品質低価格で、今もっとも人気の産み分けゼリーなのです。日本生産なので安心安全、使いきりタイプなので衛生面のしんぱいもありません。

 

産み分けゼリーは早い人なら1度の使用ですみますが、なかなか授からない場合は何ヵ月、何年と使うことにもなりかねません。

 

そうなったときのことを考えると、できるだけ安くて良いものを使いたいと思うのは当然のことだと思います。

 

国産で7回分1万円のハローベビーゼリーと、中国産で4回2万円のピンクゼリー・グリーンゼリー、あなたならどちらを購入しますか?

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?