産み分けゼリーの副作用について

「産み分けゼリー」は、これから授かる赤ちゃんの性別を「産み分ける」ことができる潤滑ゼリーのことです。妊娠は、男性の精子と女性の卵子が受精することで初めて成り立ちます。このうち、赤ちゃんの性別を決めるのは精子のほうです。「X染色体」「Y染色体」というのは聞いたことがありますね?この性染色体は、女性はXX、男性はXYを持っています。

 

赤ちゃんはパパからどちらの染色体を貰うのかによって性別が変わる、というわけです。このX染色体は「酸性に強く」、Y染色体は「アルカリ性に強い」という性質を持っています。

 

この性質を活かし、女性の膣内を酸性またはアルカリ性に傾ける手助けをするのが「産み分けゼリー」ということになります。

 

産み分けゼリーは薬ではありませんが、「膣内に挿入する」ことなどから「副作用」や「胎児への影響」は気になるところだと思います。

 

と言うことで、今回は「産み分けゼリーの副作用」についてお話ししたいと思います。結論から言いますと、産み分けゼリーに副作用はありません。胎児への影響もありません。本来産み分けゼリーは産婦人科で処方されているものですから、胎児へ影響のあるものであるはずがないのです。

 

女性側、男性側ともに副作用がないとは言われていますが、気になる人はやはり日本製の「ハローベビーゼリー」を選びましょう。

 

ハローベビーゼリーは成分のほとんどが体内にあるものなので、副作用の心配はありませんよ。

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?