男の子が欲しい記事一覧

そろそろ赤ちゃんがほしいなと思ったとき、男の子と女の子、どちらがほしいですか?もちろん授かればどちらでも嬉しいですが、欲を出せばどちらがいいなと言った希望は、少なからず誰でも持っていることと思います。その気持ちが強ければ強いほど、なんらかの方法で「産み分け」を行う人が多いです。今回は、「男の子がほしい」と思っていて、なおかつ「産み分け」をする人の、成功率について見ていきたいと思います。特別何もしな...

次の子どもは男の子がいい!経済的にひとりしか産めないから、できれば男の子がほしい!など、「男の子がほしい」と感じる理由は人それぞれです。わざわざ産婦人科で産み分けの指導を受けるまでではないけれど、できれば男の子がほしいと思っている方は意外と多いものです。妊娠してからお腹の子どもの性別を変えることはできませんから、産み分けは「セックスするまで」の間に行わなければなりません。個人レベルで産み分けをする...

突然ですが、将来子どもは何人ほしいと思っていますか?不景気が影響しているのか、「一人」または「二人」と言う人が多いです。中には「三人以上ほしいが経済的に二人が限界」というような人もいます。確かにこのご時世、子どもを三人以上育てるのは経済的負担がかなり大きいと言わざるをえません。つまり、経済的にも年齢的にも「三人目」はラストチャンスと考えている人が多いのです。一般的に、一人目は自然に任せて妊娠します...

男女の「産み分け」には様々な方法があります。その中でも「食事」による産み分けは、昔からある方法のひとつです。「食事による産み分け方法」、なんとなく聞いたことのある人もいると思います。今回は、「食事による男の子の産み分け方法」についてお話ししていきたいと思います。女性の膣内は、一般的には酸性に傾いていることが多いです。この「酸性」という環境は、男の子の遺伝子を持つY染色体にとっては不向きです。Y染色...

どうしても男の子がほしい!と思ったとき、あなたならどうしますか?今は昔よりも「産み分け」に対する認識が広まり、産み分けに対する理解も増えてきています。とは言え、まだまだ反対派がいるのも事実です。「産み分け」は、迷信めいたものから病院での指導まで実に様々です。産み分けをしたい理由ももちろん人それぞれ異なることでしょう。今回は、病院での「産み分け」についてお話ししたいと思います。病院での産み分け指導は...

男女の産み分け方法には、いろいろなものがあります。昔からある古典的なやり方もあれば、科学の進歩に伴った画期的なものまで、実に様々です。今回は、その中でも昔からある「重曹を使った男の子の産み分け方法」をご紹介します。用意するものは、重曹をお湯に溶かした「重曹溶液」です。これを、セックスをする直前に女性の膣内に入れるのです。これだけで「男の子の産み分け」ができるのは、一体なぜなのでしょうか。それは、重...

昔は跡取り問題などから、赤ちゃんは男の子を望む人が多くいました。今でも一部では、もちろん跡取りのために男の子を望んでいる人もいます。しかし今はそれだけではありません。昔よりも初婚年齢が上がり、出産年齢も上がってきました。その上不景気も加わり、なかなか子育てをしづらい環境であることは否定できません。たくさん子どもをほしいと思っても、現実的には一人もしくは二人が限界という人も多いです。そのため、「産み...