三人目こそは男の子がほしい場合の対策と方法

突然ですが、将来子どもは何人ほしいと思っていますか?不景気が影響しているのか、「一人」または「二人」と言う人が多いです。中には「三人以上ほしいが経済的に二人が限界」というような人もいます。確かにこのご時世、子どもを三人以上育てるのは経済的負担がかなり大きいと言わざるをえません。つまり、経済的にも年齢的にも「三人目」はラストチャンスと考えている人が多いのです。

 

一般的に、一人目は自然に任せて妊娠します。たとえ希望の性別ではなくても一人目は別に良く、次の子に期待します。そして二人目も希望の性別ではなかったとき、「もうあきらめる」か「ラストチャンスとして次に賭ける」かが分かれるというわけです。

 

では、三人目こそは男の子がほしい!と思ったとき、具体的には何をすれば良いのでしょうか。

 

三人目ともなると、病院で産み分け指導を行ってくれる場合もあります。しかし、産み分けに熱心な医師は少なく、思うような効果が期待できるとは限りません。

 

そこで日本製の産み分けゼリー「ハローベビーボーイ」を使ってみてはいかがでしょうか。

 

ハローベビーボーイは潤滑ゼリーで、セックス前に膣内に挿入するだけでOKです。膣内をアルカリ性にすることができるので、男の子を授かりやすくなるのです。

 

産み分け指導がストレスになっては意味がないですよね。ハローベビーボーイなら、ストレスに感じることなくスムーズな産み分けができることでしょう。

 

それに加えて排卵日を明確にしておけば、なんと産み分け成功率は80%以上です。

 

ハローベビーボーイによる産み分けは、今もっとも効果の高い産み分け方法と言えるかもしれません。三人目はラストチャンスだからこそ、三人目こそは男の子ができると良いですね。

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?