食事による男の子の産み分けについて

男女の「産み分け」には様々な方法があります。その中でも「食事」による産み分けは、昔からある方法のひとつです。「食事による産み分け方法」、なんとなく聞いたことのある人もいると思います。今回は、「食事による男の子の産み分け方法」についてお話ししていきたいと思います。女性の膣内は、一般的には酸性に傾いていることが多いです。この「酸性」という環境は、男の子の遺伝子を持つY染色体にとっては不向きです。

 

Y染色体は、酸性の環境下では生き残ることが難しいのです。つまり、男の子を希望しているとき、女性の膣内は「アルカリ性」にしなければなりません。

 

そこで、食事によって膣内を「アルカリ性」にしよう!というのが、食事による産み分け方法なのです。

 

男の子がほしいと思っているとき、女性は野菜やサラダを中心に食べます。肉、魚、卵、お菓子類は食べてはいけません。

 

一方男性は、肉や魚中心の食生活にし、毎日卵を食べます。この間、レタスやジャガイモ、バナナなどは食べてはいけません。

 

このような食事の影響が精子に反映されるまでには、実に3ヶ月はかかると言われています。

 

つまり、このような偏った食生活を最低3ヶ月は続けなければならないのです。このような偏った食事は健康にも良くありませんし、かなり制限されるためストレスもたまります。

 

ストレスは妊娠には大敵ですし、体調を崩しては意味がありません。その上、食事のみで体内を酸性やアルカリ性にするのは実はほぼ不可能なのだそうです。

 

食事による産み分けより、「ハローベビーボーイ」という産み分けゼリーによる産み分けをしてみてはいかがでしょうか。

 

日本製の安心安全な産み分けゼリーで、膣内に挿入することで簡単にアルカリ性にすることができます。

 

食事でストレスをためるより、楽なのでおすすめですよ!ストレスがたまると排卵日がずれるなど、妊娠そのものがしづらくなってしまいます。そうならないためにも、「ハローベビーボーイ」で手軽に産み分けをしてみませんか。

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?