病院での男の子の産み分けについて

どうしても男の子がほしい!と思ったとき、あなたならどうしますか?今は昔よりも「産み分け」に対する認識が広まり、産み分けに対する理解も増えてきています。とは言え、まだまだ反対派がいるのも事実です。「産み分け」は、迷信めいたものから病院での指導まで実に様々です。

 

産み分けをしたい理由ももちろん人それぞれ異なることでしょう。今回は、病院での「産み分け」についてお話ししたいと思います。

 

病院での産み分け指導は、よっぽどの理由がない限り一人目からは行いません。

 

二人目、三人目であっても、熱心に産み分け指導をしてくれる医師は少ないといいます。なぜなら、産み分け指導そのものが「いのちの選択」と
捉えられてしまうからです。男の子がほしいからと「女の子の遺伝子を持つ精子を除去していく」行為が、あまり良いイメージを与えないのはなんとなくお分かりいただけると思います。そのことから、実際に産み分け指導を行ってくれる病院は少ないです。

 

病院で行っても100%ではないですし、指導そのものがプレッシャーやストレスと感じてしまうことも少なくありません。

 

病院で、中国製産み分けゼリーの「グリーンゼリー」を処方されることもありますが、保険がきかないので非常に高額です。中国製なのでなんとなく不安という人もいるでしょう。

 

そんな人は、インターネットで「ハローベビーボーイ」という日本製の産み分けゼリーを購入してみてはいかがでしょうか。

 

ハローベビーボーイは日本製、すべて天然成分でできているので安全ですし、使い方もとても簡単です。使いきりタイプなので衛生面の心配もありません。

 

ハローベビーボーイを使い排卵日当日にセックスを行って妊娠した場合、男の子を授かる可能性はなんと84%にもなるそうです!

 

ストレスなく産み分けができ、なおかつ確率も高いのは「ハローベビーボーイ」だけだと思います。病院へ行くストレスより、ストレスフリーのハローベビーボーイで産み分けしてみませんか?

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?