重曹による男の子の産み分け方法について

男女の産み分け方法には、いろいろなものがあります。昔からある古典的なやり方もあれば、科学の進歩に伴った画期的なものまで、実に様々です。今回は、その中でも昔からある「重曹を使った男の子の産み分け方法」をご紹介します。

 

用意するものは、重曹をお湯に溶かした「重曹溶液」です。これを、セックスをする直前に女性の膣内に入れるのです。

 

これだけで「男の子の産み分け」ができるのは、一体なぜなのでしょうか。

 

それは、重曹が弱アルカリ性だからです。男の子の遺伝子であるY染色体は、酸性に弱いという性質があります。

 

通常女性の膣内は酸性に傾いていますが、重曹で膣洗浄をすることで膣内をアルカリ性にすることができ、Y染色体を持つ精子を受精しやすくすることができる、というわけです。このため、重曹を使うことで男の子の産まれる確率が高くなるのですね。重曹はベーキングパウダーなどの「ふくらし粉」や、掃除用のものなどがあります。最近では美容用のものまであります。重曹という安価なもので男の子の産み分けができるなんて、なんだかすごいですよね。

 

しかし、残念ながら効果はあまり高くはありません。

 

なぜなら、重曹溶液は完全な液体のため、膣内に入れてもすぐに流れ出てしまうのです。そのため、膣内をアルカリ性にすることは難しいと言われています。

 

重曹を使ってアルカリ性にするより、「ハローベビーボーイ」を使ってアルカリ性にするほうが断然おすすめです。ハローベビーボーイは特別な事前準備も必要なく、使用もとても簡単です。潤滑ゼリーなので、違和感なくセックスをすることも可能です。男の子の産み分けをしたいのなら、重曹よりもハローベビーボーイを使ってみてはいかがでしょうか?

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?