「男の子の産み分け」成功と失敗について

昔は跡取り問題などから、赤ちゃんは男の子を望む人が多くいました。今でも一部では、もちろん跡取りのために男の子を望んでいる人もいます。しかし今はそれだけではありません。昔よりも初婚年齢が上がり、出産年齢も上がってきました。その上不景気も加わり、なかなか子育てをしづらい環境であることは否定できません。たくさん子どもをほしいと思っても、現実的には一人もしくは二人が限界という人も多いです。

 

そのため、「産み分け」を望むのは半ば自然なことなのかもしれませんね。では、実際に「産み分け」を行った人は成功と失敗、どちらが多いのでしょうか。最も成功率の高い産み分け方法とは何なのでしょうか。

 

結論から言いますと、産み分けはきちんと知識を持って排卵日を把握していれば、かなりの高確率で成功します。

 

男の子の産み分けの場合は、「膣内をアルカリ性にする」ことと「排卵日当日にセックスをする」ことで80%以上成功することができます!

 

失敗したと言う人の多くは、「排卵日が不明」であると言われています。産み分けには、排卵日を明確にすることは最も大切なことの1つです。

 

産み分けを成功させたいのなら、きちんと基礎体温を測って排卵日を明確にしておきましょう。

 

排卵日が分かるようになったら、日本製の産み分けゼリー「ハローベビーボーイ」を使ってみましょう。ハローベビーボーイは女性の膣内に挿入するだけで、簡単に膣内をアルカリ性にすることができるのです。使い方も簡単で安全なので、とてもおすすめです。

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?