男の子がほしい!産み分けの確率について

そろそろ赤ちゃんがほしいなと思ったとき、男の子と女の子、どちらがほしいですか?もちろん授かればどちらでも嬉しいですが、欲を出せばどちらがいいなと言った希望は、少なからず誰でも持っていることと思います。その気持ちが強ければ強いほど、なんらかの方法で「産み分け」を行う人が多いです。今回は、「男の子がほしい」と思っていて、なおかつ「産み分け」をする人の、成功率について見ていきたいと思います。

 

特別何もしなければ、男の子が産まれる確率は50%です。しかし、実は男の子のほうができやすいということが医学的にも証明されているのです。

 

男性の精子には、男の子の遺伝子のもののほうが多いそうです。確かに、出生率の割合を見てみても、男の子のほうが毎年若干多いですよね。これだけ見ると男の子のほうがたくさんできると思うかもしれませんが、実際にはそこまでの大差はありません。それは、女性の膣内が酸性に傾いているからです。男の子の遺伝子を持つ精子は酸性に弱いため、ここでバランスがとれているというわけです。

 

では、どのくらいの人が産み分けに成功しているのかというと、だいたい60〜70%ほどと言われています。

 

もっとも成功率の高い産み分け方法は、「ハローベビーボーイ」という産み分けゼリーを使い、なおかつ排卵日当日にセックスをする、というもの。

 

この方法で産み分けを行うと、なんと成功率は84%にも上がるのです。

 

なんとしてでも産み分けの確率を上げたい!と思っている人は、ぜひ「ハローベビーボーイ」という産み分けゼリーを使用してみてください。

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?