男の子がほしい!妊娠対策方法について

次の子どもは男の子がいい!経済的にひとりしか産めないから、できれば男の子がほしい!など、「男の子がほしい」と感じる理由は人それぞれです。

 

わざわざ産婦人科で産み分けの指導を受けるまでではないけれど、できれば男の子がほしいと思っている方は意外と多いものです。

 

妊娠してからお腹の子どもの性別を変えることはできませんから、産み分けは「セックスするまで」の間に行わなければなりません。個人レベルで産み分けをすることは可能なのでしょうか。男の子がほしいと思っている人は、セックス時に女性の膣内をアルカリ性にする必要があります。

 

オーガズムを感じるときに女性の膣内はアルカリ性になるそうなので、オーガズムを感じやすい人は男の子ができやすいそうです。

 

また、食事に気を付けてみましょう。女性は野菜を中心に食べると良いそうです。

 

男性は、精子の量や運動量を高いまま維持するために、「排卵日の2日前から禁欲」しておきましょう。

 

男の子がほしいとき、セックスは排卵日当日に行うと良いのです。この日に質の良い精子を持ってくるため、2日間は禁欲を心がけてください。

 

「排卵日」という言葉が出てきましたが、女性のみなさん自分の排卵日はしっかりと把握できていますか?自分の体のことなのですが、排卵日を把握できていない人は意外と多いものです。産み分けをするためには、排卵日はとても重要です。しっかりと基礎体温をつけ、排卵日を明確にしておきましょう。

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?