女の子の産み分け対策と方法について

子どもは天からの授かり物で、男女どちらができるかは分かりません。特になにも対策をしなければ、女の子ができる確率は50%ということになります。

 

しかし、実は男の子のほうができやすいという事実をご存じでしょうか?男性の精子には、男の子の遺伝子を持つもののほうが多いということが、医学的にも証明されています。

 

つまり、なにも対策をしなければ男の子ができる可能性が高い、ということです。女の子を望んでいる人にとって、この事実は衝撃だったかもしれませんね。しかし、食事や子作りのタイミング、セックスの仕方などを気にすることで、女の子を授かりやすくすることはできますよ!

 

まず、子作りのタイミングですが、女の子がほしい場合は「排卵日の2日前」に行いましょう。

 

これは女の子の遺伝子を持つ精子のほうが長生きするという性質を活かしたやり方になります。

 

そして、セックスの時は浅く挿入し、女性がオーガズムを感じないようなセックスをしてください。

 

オーガズムを感じると膣内にアルカリ性の液体が充満するのですが、このアルカリ性の液体がX染色体の天敵となるのです。膣の入り口近くは酸性のため、少しでも長くX染色体の精子を留まらせておくために「浅く挿入して射精」することが大切なのです。とは言っても、自分の膣内が酸性かアルカリ性かなんて分かりませんよね。そこで、産み分けゼリー「ハローベビーガール」の登場です。

 

この潤滑ゼリーをセックス前に膣内に挿入することで、膣内を酸性に傾けておくことができます。

 

これにより、女の子が授かりやすくするのです。

 

産み分けの成功率を上げるためには、排卵日を把握しておくことが欠かせません。

 

より高い確率で産み分けを成功させるために、日頃から基礎体温をつけて排卵日を把握しておきましょう。

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?