女の子の産み分け 失敗と成功について

インターネットなどで調べてみると、「女の子の産み分け成功しました!」という人もいれば、「産み分け失敗…」という人もいます。

 

どんなに熱心に産み分けを行っても、残念ながら100%成功する方法はありません。実は女の子の産み分けのほうが難しく、その成功率は80%と言われています。

 

残りの2割程度の人は、残念ながら産み分けに失敗している、ということになりますね。産み分けに失敗する人の特徴として言えることは2つあります。1つは「排卵日が不明」であること、もう1つは「女性がオーガズムを感じやすい体質である」ということです。

 

排卵日が分からなければ、正直産み分けをするのは難しいです。そして女性はオーガズムを感じることで、膣内がアルカリ性に傾く性質があります。

 

X染色体はアルカリ性に弱いため、これでは受精までたどり着くことができないのです。女の子の産み分けを成功させるためには、女性がオーガズムを感じないよう浅く挿入して射精することが必要と言えるでしょう。

 

「ハローベビーガール」という産み分けゼリーを使えば、膣内を簡単に酸性にすることが可能です。

 

X染色体が生き残りやすい環境を作ることで、女の子の産み分け成功率を上げることができます。

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?