食事による女の子の産み分けについて

昔からある「産み分け方法」の1つに、食事による産み分けがあります。産み分けとは、希望する性別の赤ちゃんを授かりやすくするために行う様々な方法のことを言います。そんな産み分け方法のうち、「食事による産み分け方法」についてお話ししたいと思います。

 

食事による産み分けでは、男性は「X染色体を持つ精子を増やす」こと、女性は「X染色体を持つ精子が生き残りやすい環境を作ること」を目的に行われます。

 

男性は野菜中心の食生活にし、肉・魚・卵・お菓子などは食べてはいけません。一方女性は男性とは反対で、肉や魚などの動物性タンパク質を中心に、卵は毎日食べます。レタス・ジャガイモ・バナナなどを食べるのは禁止です。

 

このような食事の影響が精子に現れるまでには、最低でも3ヶ月はかかります。つまり、このような偏った食事を最低3ヶ月は続けなければならないのです。

 

あなたは、ストレスをためずにこのような食事を続ける自信はありますか?仕事の付き合いもあるでしょうし、好きなものが食べられないストレスは相当なものになると思います。そして、わたしたちの体には「恒常性」というバランスを均衡に保つ性質があります。

 

そのため、食事で体内の環境(膣内を酸性にする)ことは、残念ながらほぼ不可能なのだそうです。

 

食事による産み分けより、もっと簡単な方法があります!それは産み分けゼリー「ハローベビーガール」を使う方法です。

 

ハローベビーガールを使えば、そのときだけ膣内を酸性にすることができるのです。食事のようにストレスをためることなく、産み分けができるんですよ!

 

ストレスをためて体調を崩してしまったら、産み分けどころではありません。そうならないためにも、「ハローベビーガール」で簡単な産み分けを行ってみませんか?

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?