病院での女の子の産み分けについて

「産み分け」というのを知っていますか?産み分けは、文字通りこれから授かる赤ちゃんの「性別」をあらかじめ「産み分ける」ことを言います。男女どちらかほしいほうの性別の赤ちゃんを授かるために、あらゆる手を尽くしている人もいるかもしれませんね。今は経済的に子どもを一人しか作れないという夫婦も少なくありません。そうなると、できることならほしい性別の赤ちゃんを…と思うのは、別に悪いことではありません。では、病院で女の子の産み分けはできるのでしょうか?

 

結論から言いますと、一人目から産み分け指導を行ってくれる病院はほとんどありません。

 

産み分けそのものを「いのちの選別」と考える医師も多いためです。三人目以降だと産み分け指導をしてくれる病院もありますが、熱心に行ってくれるところは少ないと思います。病院でできるほぼ確実な産み分け方法として「着床前診断」というのがあります。これは体外受精をするときに、着床させる受精卵の遺伝子を性別含めすべて選べるというものです。

 

もっとも確実な産み分け方法ではありますが、産み分けのための着床前診断は日本では禁止されているので行えません。

 

アメリカなどで高額の費用を負担すれば行えますが、リスクも伴うためおすすめはできません。

 

一般的な病院での産み分け指導ももちろん良いですが、それに加えて「ハローベビーガール」という産み分けゼリーを使ってみてはいかがでしょうか。

 

女の子がほしいという人のために、膣内を酸性にすることができるのです。病院での産み分けより簡単、かつストレスフリーの産み分け方法だと思います。

 

産み分けゼリー「ハローベビーガール・ボーイ」の驚くべき成功率とは?